1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/30(土) 21:41:02 ID:iu762r1A
女騎士「みるみる増える」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/30(土) 21:43:42 ID:iu762r1A
女騎士「借金が!」

女騎士「みるみる増えていく!」

女騎士「ちょっと借りたつもりが、止められず」

女騎士「いまや100Gの借金だよハハハ!」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/30(土) 21:50:48 ID:iu762r1A
女騎士「しかも今日は返済日…そろそろ借金取りが…あいつが!」

ガチャリ

?「邪魔すんでー」

女騎士「邪魔すんのやったら帰って」

?「あいよー…ってうぉぉぉい!」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/30(土) 21:53:01 ID:iu762r1A
女騎士「相変わらずノリがいいなオークよ」

オーク「ノリ…」

ズキッ

オーク「ぐっ!?」

オーク「ノリ…近鉄…フルスイング…」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/30(土) 23:40:07 ID:0MEzXH1.
女騎士「どうしたオーク」

オーク「いや、頭痛が…」

女騎士「顔が…いや、顔色が悪いぞ」

オーク「だ、大丈夫だ。なんでもな…」

ズキッ

オーク「ぐぅっ!」

女騎士「大丈夫じゃないだろう、少し休め。具体的には普段私が使っているベッドで寝ろ」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/06/30(土) 23:42:34 ID:0MEzXH1.
オーク「お前が使っているベッド…まさかお前…俺にエロい事する気だな!」

オーク「エロ同人みたいに!」

女騎士「そう!エロ同人みたいに!」

ヌギッ

女騎士「はーん!もう辛抱たまらん!辛坊さん!」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/07/03(火) 04:34:50 ID:zxA4UccU
オーク「!」

ヴゥン…

オーク「オーク忍法、隼分身の術!」

ズララララ

女騎士「オークが5体に増えた!?これでは狙いが定まらぬ!定まらぬではないか!」

コンラン コンラン

女騎士「あああああ!どのオークを狙えばいいんだ!うわぁぁぁぁぁ!」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/07/03(火) 04:38:54 ID:zxA4UccU
グキュルルル…

女騎士「ぐっ…混乱のあまり腹痛が…下腹部に!違和感が!違和感バリバリ!鉛か鉄か!」

オーク「ンフフフフ…さらに混乱するがよか!」

ズララララ

女騎士「追加で5体の分身が!?」

オーク「どうだ…本物がわかるか!貴様にわかるか!」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/07/03(火) 09:39:35 ID:qfjYTqao
最近見ないなと思ったけどまたお前か

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/07/03(火) 22:09:18 ID:AgaL0IIc
グキュルルル

女騎士「わ、わからない…本物がどれか!皆目検討がつかぬ!」

グキュルルル

女騎士「うああああ!わからないストレスで腹痛が加速していく!腸の活動が活発化して!」

グキュルルル

女騎士「こ、肛門が…さ、叫び声を…あ、あ、あ」

コンニチワ コンニチワ

肛門「いくぜェ…兄ちゃんよォ…」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/07/12(木) 12:13:13 ID:PI.yjIto
女騎士「だ、誰が兄ちゃんやねん。そもそも私は女だ」

肛門「なぁに、俺っちと兄ちゃんは長いつきあい…もはや兄弟と言っても過言ではねぇのさ」

女騎士「一理ある」

肛門「そんな俺が言う、断言する」

女騎士「うん」

肛門「もはや俺っちは限界…兄ちゃんの尻穴、死守できねぇ…」

女騎士「くっ…」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/07/12(木) 12:24:42 ID:PI.yjIto
肛門「すまねぇ…あんなもの…10体にも分身したオークを見せられちゃあ、便意も来るってもんだ…」

女騎士「いたしかたあるまい」

肛門「ぐっ…地獄へのカウントダウンだ…十…九…八…」

女騎士「七…」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/07/21(土) 23:52:15 ID:q0eN7Yyw
女騎士「七…七…七…」

肛門「!?」

オーク「!?」

女騎士「七…七…七…」

オーク「何故だ…何故カウントダウンが進まぬ!?」

肛門「あ、兄ちゃん…まさか…」

女騎士「輪廻…運命…結果…あらゆる決定事項を逆行させねじ曲げる…」

肛門「だ、駄目だ!あ、兄ちゃん!その力は…その力は!」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/07/21(土) 23:58:58 ID:q0eN7Yyw
オーク「力…だと…」

ハッ

オーク「逆行の力…まさか貴様!『時計塔』の!」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/07/22(日) 00:05:24 ID:VxDShY.Q
肛門「そうさ…兄ちゃん…女騎士は…国営研究所の実験体…88体生み出された実験体のひとつ…『逆行する時計塔』の女騎士なんだコウモン!」

オーク(急に語尾が…)

女騎士「そう。私は人ならざる存在…人造人間なのさ。無から生み出され、魔石を埋め込まれ強制的に能力を開発させられた…帝国の人造兵器なんだ!!」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/05(日) 23:45:25 ID:7H49qpFA
オーク「ふーん」

肛門「あっ興味なさげ」

オーク「あぁ、興味ナッシングさ。俺が興味あるのはよォ…」

ヌギッ ポロリンチョロリン!

オーク「女騎士の下半身だけよォォォ!」

肛門「なっ、なんて巨根!」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/05(日) 23:49:21 ID:lDi7w.1g
オーク「しかも分身もポロリンチョロリン!!」

ポロリンチョロリン!!
ポロリンチョロリン!!
ポロリンチョロリン!!
ポロリンチョロリン!!
ポロリンチョロリン!!
ポロリンチョロリン!!
ポロリンチョロリン!!
ポロリンチョロリン!!
ポロリンチョロリン!!
ポロリンチョロリン!!

肛門「10倍(じゅうべぇ)チンポ!」

女騎士「じゅるり」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/05(日) 23:58:50 ID:ilImT0bs
オーク「ンフフフフ…これだけの肉棒を防ぐ手段は無い!10倍(じゅうべぇ)の威力!その身をもって知るがよい!女騎士よ!」

肛門「だ、駄目だ!そんな数の肉棒に…女騎士が快楽死してしまうコウモン!」

ニヤッ

女騎士「見くびるなよ肛門…私を…私を誰だと思っていやがる!」

ヌギッ
タレチチ ブルルン

女騎士「乳は垂れても心は錦!私の乳首力(ちくびちから)は最っ初からクライマックスなのさ、これがな!」

ブルルン
プクゥッ…

女騎士「ほぉら、チクビッチパワーがこ↑こ↓に溜まってきただろう!」

肛門「陥没乳首が…いまや富士山だ!」

富士山だ!
富士山だ!

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/06(月) 00:04:54 ID:P2aK9/9s
オーク「ほぅ…なかなかの乳首力(ちくびちから)じゃあないか…分身していない俺なら、あるいは倒せたかもしれんな…だが!今の俺は10体!負ける事はありえん!ありえんのだ!」

女騎士「…」

女騎士「滑稽だな」

オーク「!?」

女騎士「乳首力(ちくびちから)は、単純な数値だけでは表せない未知の力…ましてや、ただ増やしただけのチンポなどに!おとるものでは!断じて、無い!」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/06(月) 00:14:16 ID:P2aK9/9s
オーク「ぐぬっ…強がりを…言うなぁぁぁっっっ!」

ザザザッ

オーク「オーク忍法…串刺し花吹雪!」

ひゅぉぉぉん!

女騎士「何っ、オークのチンポが四方八方から突き出されて!まるで!まるで!」

肛門「気を付けるコウモン!下手に動けば鋭利なチンポの餌食だコウモン!」

女騎士「わかっている!尻穴でどなるな!」

肛門「いっけー!必殺の乳首斬りだー!」

女騎士(こいつ…戯れている…!)

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/10(金) 14:14:57 ID:i0dHdHHA
今日も平常運転です

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/10(金) 21:39:08 ID:BjyX7CX6
オーク「ほらほらどうしたどうした!早く何かしないと串刺しだぞぉ!」

グォン

女騎士「た、たしかに」

肛門「は、早く避けるんだコウモン!」

女騎士「いや、避けたとしても別のチンポが私を襲う。それを避けてもさらに別のチンポが…きりがない」

肛門「だ、だったらどうすれば!?」

女騎士「避ける、という考えがそもそも愚策…失敗するリスクを微塵も考慮しない悪手だ…ならば!こうする!」

チチ ブルルルル

カゼガナイテイル…

肛門「乳が震えて…ま、まさか!?」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/11(土) 09:27:31 ID:xOzeiFzs
ニヤッ

女騎士「その、まさかさ!」

ビョワァァァ

女騎士「乳忍法、風分身の術!」

ズララ

オーク「!」

肛門「女騎士の分身が二体現れた!つまり合計三体の女騎士が横並びに!」

オーク「だがそれで十本のチンポをどうにかできるつもりかぁぁぁっ!」

ズビャビャビャビャ

オーク「そぉら!あと5センチメートル!」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/11(土) 09:59:02 ID:yRqMf5z6
女騎士「ふん、5センチメートルか…1秒なら秒速5センチメートル…」

ズビャビャビャビャ

オーク「あと4センチ!」

肛門「も、もう駄目だコウモン!」

ハッ

肛門「…」

肛門(こんな所でやられるなら…)

肛門(志半ばで死ぬなら…)

肛門(どうせ死ぬなら!派手に死んでやる!)

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/12(日) 12:01:37 ID:DLKrFZjA
グキュル…

女騎士「!?」

肛門「…」

肛門「体は、尻穴で出来ている」

肛門「くっさいくっさい尻穴で出来ている」

肛門「連戦連敗、脱糞を止める事が出来た事など一度も無く」

肛門「汚れた下着を見て虚無感に酔う」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/12(日) 12:04:15 ID:DLKrFZjA
グキュルグキュルグキュル

肛門「きっとそれは」



肛門「無限の肉糞で出来ていた」

ブリュリュリュリュリュリュリュリュリュリュリュリュ!

女騎士「んほおぉぉぉぉぉぉぉぉ!」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/13(月) 20:28:57 ID:AV4LVa5o
ブリュリュリュリュリュリュ!

肛門「まだだ!まだ終わらんよ!」

ブリュリュリュリュリュリュ!

女騎士「た、体重以上の便が排出されるという矛盾!こんな量の便…物理法則を無視した便!あ、ありえない!」

ブリュリュリュリュリュリュ!

肛門「ワンストライク!」

ブリュ

肛門「ツーストライク!」

プスップスーッ

肛門「スリーストライク!アウトぉぉぉ!倫理的にアウトぉぉぉ!」

女騎士「食事中のみなさま御免なさいぃぃぃぃぃ!」

バブッハァァァァァァ!

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/13(月) 20:32:25 ID:AV4LVa5o
オーク「おいおいこんな量の便…ありえな

ぐにゃん

・・・・・

その時不思議な事が起こった。
女騎士から排出された大量で大質量の便は
世界のことわりを書き換え
初めから女騎士が『存在しなかった』世界に書き換えてしまった。

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/08/13(月) 20:34:55 ID:AV4LVa5o
オーク「…」

オーク「あれ、俺は一体なにを?」

オーク「何か、何か大切な事を…忘れていやしないか…」

ツゥン…

オーク「くさっ」

オーク「だが…」

オーク「どことなく、懐かしい…」

【完】





https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1530362462/l50